海賊船 Wonder Wind の冒険と略奪の日々を綴った航海日誌。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
8月25日 新しい乗組員
=焼肉海賊ジャックの日誌=
――――――――――――――――――――――――――――――
 海上。 そこそこ巡って見たが、獲物がいないので帰港。 海賊島は沿岸を帆走すると、たいてい島からはみだしたモンバットが2、3匹引っかかる。  いつもは殺っちまうんだが、今日はひょんなムラ気を起こした。

 *調教を開始しました* ここだよ……
 a mongbat: あなたを主人だと受け入れたようです。

 うそマジで? さっそく見せびらかしに親不孝亭に行く。 キーコキーコ 
ところが・・・。

 親不孝亭。 立ったまま寝てた ただものさんが喋った。 「うーむ」 「お、おきたか?」 「眠いっ」 「寝るのかよ!」 「すまねぇ」 「新しい乗組員を紹介しようと思ったんだが・・・」 「誰だっ」 「スパーリングしたら死んでしまったのだ、モンちゃん。」 「あー」 「ぐーで殴るだけで死ぬとはなあ」 そう、鍛えてやろうと素手で殴ったら、一撃で死んでしまったんである。 俺の足元にモンちゃんは血だらけで横たわっていた。 「やっぱそういうオチか」

 「海賊は人手不足だー 後でまた徴募しようっと」 「ていうか 主に襲われ役が不足だな」 「ん? 襲い役でも構わんがね。 襲い襲われるのがならわしだし・・・ま、そのうちどうにかなるだろ」 「すまん 帰って寝るわ」 「おう! おやっすみー」 「おやすみ」

 ワイン10本あけてから、第2のモンちゃんを徴募しに行った。 今度はアジトのすぐ傍でつかまえた。

 慣れない命令をいじくって、今度は殺さないように Tropical bird にけしかけてみる。 甲板で数十分も激しい攻防が続いて・・・やっと殺したモンちゃんが向き直った時、俺は死ぬほどビックリした。

 名前が緑になってたのだ。

おれを海賊にしろ!


 お前・・・おれも海賊に入れろとゆうのか!!

 いや、笑わないでくれ。 後で調べたから。 でもこの時の俺は知らなかったんで、ものすごい衝撃だったんである。 ご褒美のえさをやりながら、俺は誰もいないのに喋っていた。

 「分かった・・・お前とやって行こう。 そのうち人間の手下もできるといいな、モンちゃん」

(お わ り)
スポンサーサイト
8月19日 この男、どこまで行くのか
=焼肉海賊ジャックの日誌=
――――――――――――――――――――――――――――――
 非常にどーでもいいが、スタスタ3階まで行ったのが珍しかったので。
野良ヒーラーだった。

 一瞬、チキンハートな俺は新手の刺客かと思ったぞ。
野良ヒーラーだった・・・

 他にも、海賊島アジト内を巡回するゴリラさんが一部のマニア約1名の中で有名だ。
今日の海賊日記
酒場で目を覚ます。
今日もしけた酒場に客はいねえので話し相手もいねえ。
海賊アジトに顔を出すが手下どももいねので
アジトに立てかけてあった釣り竿を持って海に出る。
釣り糸をたらしながらサーパンツホールドの港まで海賊船を漕いでると
港にガラの悪そうな冒険者の姿があった。
こいつらを暇つぶしからかっていると、わらわらと奥から沸いてきた。
紅蓮の炎や腐敗の海を浴びせてからかってると
いつのまにかガラの悪い連中が弓を構えて近づいてきた海賊船に一斉射撃を加えてきた。
蜂の巣になって俺は倒れ、海賊島に逃げ帰った。
海賊島にたどり着くと、死にかけの俺の体に蛇どもが群がってきた。
なんども俺は蛇に食われ、ようやく船にたどり着くとお宝を抱えた船の上の俺の体は海の死神によって手の届かない海底まで引きずりこまれていた。
むしゃくしゃしながら親不孝亭に戻る。
やっぱりがらがらのしけた酒場で俺は悔し紛れに酒を呑みながらこの日誌を書いている。
インクがにじんでいるのは苛立ち紛れにぶち壊した酒が飛び散ったからで涙ではない。

--8月19日 Nereus---
8月12日 ユニコーンには海賊の生贄を
=焼肉海賊ジャックの日誌=
――――――――――――――――――――――――――――――
 今度はアイラとサーパンツに行ったが、今日の敵は強かった! ちゃんと船も出してくるし、人数も多い。 何人かは殺したが、何度も殺られたぜ。

 中でも笑ったのが最後のユニコーン船だ。 絵を撮れば良かったな・・・ 何匹乗ってたんだか、数えられないほど乗ってやがった。 突貫した時にその内の2匹に船に乗り移られて、とうとう2人とも死んだ。 すまねえ。

 手近な島で、アイラが蘇生してくる間、俺がユニコーンけしかけて、岸にいる蛇にテレポさせようと懸命だったのも笑えた。 「くっそおお」 「でも久しぶりに殺せたから 楽しかった」 「ああ 笑った あと一人欲しいな」 「そうだねー」 「ま、贅沢な願いかw」 キーコキーコ

 以下はアジトに帰ってきたときの会話:
 「アレだ、乙女になればいいのだ」 「ん? なにがw」 「ゆのこーん対策。なつくんじゃなかったっけか」 「・・・w おとめじゃなきゃね」 「アイラ仮想でいいから乙女に」 「えーw」 「おれもがんばるから」 ㍉
8月11日 懐かしい敵には船長と罵声を
=焼肉海賊ジャックの日誌=
――――――――――――――――――――――――――――――
1.第一の敵

 親不孝亭。 1人でも不思議と退屈しないものだ。 例えば、  *注意深く家を調査したところ、不審者を1名発見した。*  不意にマスクを被った男が隣に出てきたりする。

 「みつかったか」 「よう あんた何者?」 「民衆の味方とだけ いっとこう。 どこを見ても くだらない悪党とすら呼べないやつばっかり。 守るべき民衆すら もういないがな」 「飲む前から愚痴るなって。 なんにする?」 「ラム」「ねえな」「じゃあワイン」

 「―― あんたここでなにしてんの。 みたところ悪党仲間すら いないようだ」*ヒック* 「まあな、でも海賊はできてるぜ」 「まだ海賊してるのか」 「あたりめえじゃん 俺は海賊だもん。 あんたも海であったら獲物だからな」

 そいつは、おかしな事をいい始めた。 「おまえらなんぞに 狩られるほどまぬけじゃないぜ・・・」 「そりゃいいや。 まともな海戦ができそうだ」 「お前ら2隻で 俺一人殺すのに 何時間かかってんだ・・・」 男の名はゾロ。 忘れてたが、ずいぶん昔、1人で海賊に向かってきてた奴だ。

 「まっすぐ逃げる奴は 世界の仕組み的にそうなるんだよ。 思い出したぜ、昔そういやチョロチョロしてたな」 「一人でまともに正面からいくやつが どこの世界にいる・・・ 騎士相手にでもしてるつもりか・・・」 いや、そんなつもりはサラサラないので、俺は1つ指摘してやった。 「今なら1人よ? ん?」

 しばらく間がある。 「だれもいねーし、酒場であばれるか?」 「こっちは全然かまわねえぞ」 「In Nox - Poison」 察しのいい奴だ。

  Jack Shandy: Zorro is attacking you!
  Jack Shandy: * You feel disoriented and nauseous! *
  Lightning Strikeを繰り出した!

 痛い毒だったが、気にせず撃ちまくったおかげで勝った。 「ふん あっけねええ。 どこだよ でてきな」死んだらそれまで、というこだわりがあるのか出てこない。

 棺桶を漁ると金はなく、毒剣と、程よい量の消耗品――いつでも覚悟完了だが装備に頼らずとも勝てる、という自負を偲ばせる荷物だった。 俺の装備に頼った汚い殺り方よりなんぼかマシだ。 殺して初めて知ったが、結構得がたい敵だったのかもしれない。 とるものとった後、トレードマークの焼肉を入れておいてやった。

――――――――――――――――――――――――――――――
2.ネレウス船長の帰還

 とかやってると船長が来た。 「いよーせんちょおw 今すげえ懐かしいのがいたぜ」ころしたけど 「なんだ そこに転がってる死体か」

 しばらく雑談した後、「ひさびさ いってみるかな」 「おうおう!」 俺はおんぼろジェニィに船長を招待すると、甲板に椅子を出して座ってもらう。 「どこにいく?」キーコキーコ 「DENの周りはなにもないのか?」 「最近は平和だね」

 毎晩船を出してるのは伊達じゃないから、俺はここぞとばかりに、ほらココにいつも放置船が2隻、ほらこれプラチの船(船名エロい)、それに最近デンの酒場には人がいるんだぜー、などと得意げに案内してやった。 本当にいるかどうか、上陸して確かめに行く。 平日だし、さすがにいないか。

  Guilhem: あぁぁぁ!殺される!ガード!
  Joye: 貴様のような輩には我慢ならんのだ!ガード!

 「デンなのに悪党呼ばわりされるの やるせないよな」 「ウザイ店員だな」 「何か売ってくれよぅ」 しばらく、キャプテン・ブラックハートと3人で飲んだ。

  Captain Blackheart: 泥酔した海賊はあなたに向かって拳を振り上げ、またウィスキーを飲み始めました

 「ウィスキーって、水じゃん」ブラックハートの横に置いてあるのは水だった。 それでも酔いが醒めない彼を放って、船に戻る。

 「めざましにサーパンでも いってみるか・・・」 さっきから散々 眠ぃとかだりぃとかゆってるワリに、行くとこまで行っちゃうのだこの人は。 「ん。はやめに波かぶっとこう」 : あー、波が高いぜ! 俺はサーパンツに舳先を向けた。

――――――――――――――――――――――――――――――
3.第二の敵

 サーパンツの港。 「かいぞくだああああ」 「だれもいねえかああああ ・・・だれもいないって。」 「気配がする」

 その後、隠れてた yuuenukeoo ってキリンが弓を撃ち込んだ後、 「いれてW 海賊でしょ おまえら おもろそ」 と言ってくるが 「100万GPもってこい ないならだめだな」 と船長が一蹴。 「100G だす なかまだろ」 「ダレが仲間だ」 で、だんだん人が集まり始めて、戦闘になった。

  すぐに投げろ! ..2..1 e c o: Por Ort Grav  ..2..1
  すぐに投げろ! ..2..1 Lightning Strikeを繰り出した!

 「包帯まちげえた すまん」 「相手もころしたぜ」 「ああ、船にのってりゃなw」 相手も船を出し始めた。 「ちょっとほじゅー」 「うまくいかねえ パラ撃ちしてみよっか」 「とにかく爆弾うちこめ。おれはどくF」In Nox Grav 「アイアイ。 Turn Around」: イエス、サー。

  Amuro: Des Sanct   Strが xx になりました。(変化前: zz)
  Lucifer is attacking you!  e c o: Corp Por
  Jack Shandy: Consecrus Arma  Nereus: 紅蓮の炎よ Kal Vas Flam
  敵の一撃はあなたの装甲を貫いた!

 「くそーあぶねえ。 操船がよくないな」 「俺も 操船やってみるぜ」 鍵を渡す。いくら2ヶ月 海で慣らしても、所詮は1人海賊だ。 仲間が乗りあわせた時の実戦は勝手が違う。 「きっちーな 3人くらいか?」 「4人くらいいたな」 「SKが合ってる」

  Nereus: In Nox Grav - 腐敗の海
  Sydney: *Sydney looks ill.*   MiChaeL: *MiChaeL looks ill.*
  Lucifer: *Lucifer looks ill.*

 「マイケルがいる」 「ああ、久し振りだw ちょっと煙草に ひつけさせてw」 「ぎゃっはあ おらおらサーパンの冒険者ども みぐるみさしだしにこい」 「さあパンツ!」 海賊とはよく戦ってたマイコーがいた。 奴はハイドしたまま、船で追ってくる。 「おお?!きえた」

  Nereus: 海賊砲 ..2..1 ..2..1  MiChaeL: Kal Ort Por - Recall
  Lightning Strikeを繰り出した!  Nereus: Vas Ort Flam

 「ひさしぶりだなあ またあえてうれしいぜ!」殺した後、俺が船に乗り移ると、突然 船尾に yuuenukeoo が現れて矢を放った。 「もどれ」 「しまったああ! やべえいてええ」 死んだ。 侮れない敵だ!

  Scarlet: キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!  KAZUTO: Por Corp Wis
  MiChaeL: Por Ort Grav  Nereus: 腐敗の海  すぐに投げろ! ..2..1

 「東側に隠れてないかな」 「残念 ま、でも今日は何人か殺れた 一勝はしたな」 「いつもよりはマシだぜ船長w 1人のときはこうはいかねえー」 「一人じゃきついな」Forward Left 「一瞬だ」キーコキーコ 「接岸している」 「いまだ」

 俺と船長はかわりばんこに死んだ。 俺が死ぬと、船長が治してくれる。 そして言うのだ。 「いけるか?」 「逝けるぜ船長!」

 人の操船で戦うのが嫌いな奴もいる。 だがこの危地の中で、人はがっちり肩を組み合う。 今までてんでばらばらに生きてた者同士が。 こうして、俺たちは船に陸に突貫していく。 俺の居場所は船長の隣だ。 こんなに楽しい仕事はない。

 最後には1度、奴らの船を全滅させることができた。(いや、もしかしたらあの弓の yuuenukeoo は隠れて、生き延びていたかもしれない。 だが、奴らは幽霊のままサーパンツに逃げてたのだ)

 略奪こそマイケルから漁ったオレンジと紫の葉が少々といった所だったが、俺たちは流された血に満足して、空になった爆弾の樽を揺らして意気揚々と港を後にした。 「あばよおお! まったなあーーーーー!」 「100万もってこいよ!!」 「かいぞくばんざーーーい!!!」

(お わ り)
8月4日 手袋を投げる
=焼肉海賊ジャックの日誌=
――――――――――――――――――――――――――――――
 「おおーー いたいた」 俺は、阿羅漢の大欣(ダヤン)と、謎の白い男『白ダヤン』を伴ってセレスティア城の城門を叩いた。 「たのもーうーー!!」

 グラナーダが出てくる。 「何か・・・? 道場破り? ならぬ王城破り?」 「何かじゃねえーよ! グラ、俺に刺客 さしむけたろう」 「正確に申せば 海賊なら誰でも良いのですが。 まあ、海賊が 退屈しないように 適度に油を。。」 

 キュボッ!ボゥーーー・・・「白大欣様、放火はお控え下さい」 「うわ、あちーよ! 夏なんだからよ!」 城の前面を Fire Field が覆う中、俺はグラナダに訊く。 「で? お前の命令か、それとも 王の差し金か。 言え」

 彼女が答える前に、「何事だ・・・」デュアン王が出てきた。 「なにしてんだ」森の奥から、元海賊のプラティも出てくる。 「グラナーダ近衛騎士候、冷静だな・・・」 「おう、であん王! 刺客に襲われて とっても迷惑したから オ・ト・シ・マ・エ つけにきたぞ。 グラの命令らしいが 責任者はあんただよな?」

 グラナーダが応じた。「左様ですか。 大欣さまと 白大欣さまは お供?」 「偽者はどうかしらんが 私は少なくとも 本物です。 グラナダ殿に仇為す敵を排除する為に来ている。」ダヤンが海賊の味方などしないのは当然だ。 その向こうでは、「鼻に ゆびつっこまれた オトシマエに 無礼うち しちゃえ」 とプラティがグラナーダにささやいていた。(注:以前、俺とグラの間にそういうことがあった)

 そして俺は、手袋をはずすとデュアン王に投げつける。 ―――バシ!
「そっちが暗殺で来るなら こっちは決闘でやってやる! あべこべだぜぎゃはははは」

 グラナーダが返答する。 「海で戦いませんか。。ここだと宜しくない。」 「おおー? 海戦は大好きだ! まともな海戦してええ」 だがデュアン王は、何故かクレセントとウサギの足に関する商談をプラティと始めていた。「どんなクレセントでしたかな?」  「やいやいやい! のんきに商談してるんじゃねーや!」 デュアン王は答えた。「決闘より国宝級のクレセントのほうが大切だ・・・」

 「じゃあ今死ぬか?! くだらねえこといって 誇り高い海賊を おこらすもんじゃねえぞ・・・・!!」 「じゃあころそううう ころすうう」 白ダヤンが叫ぶ。

 「なぜ私が戦うのだ? 誇り高い蒼天の王国に刃を向けるから草を放ったまで」 「第三者からみれば 荒くれ物が 礼を以て手袋を投げた以上、礼を以て返すべきでしょうな。 それがどういう対応であれ。」 「グラでもいいけどな。刺客を差し向けたのは彼女だ」 「お怒りになるのは勝手ですが。。デュアン様に投げられたようですが、私を差し置いて 王と決闘なさるなどは 有り得ない話です。」

 ここで、生ぬるい会話に業を煮やした『白ダヤン』が、「しねええ」やってきたミリアミレルを襲ったり「なんでいきなりこうげきすんだよぉ」、カレン・ハナムラが来て「封印の儀式」だの「弟に聞け」だのと話していった。

 その間、デュアンはチョーシが悪いらしく固まっている。「そもそもどうすんだか はよきめねーからだ。ちぇ 話にならねーな またくるぜ」 「10年位したらまた着てね」 「うるせえよタコ」

 「私を討てば気が済むのでしたら いくらでもどうぞ」 グラナーダが前に出た。 「あ、そお? じゃあ王の決闘は別の話で・・・やるか!!」 かべとかいらんよな 「先に非礼はお詫びしておきましょう。王の決闘は 私が代理ということで。」 「それは違うな。 もう手袋投げちまったよ これからのは余興だw」 「ふむ、礼を以て申し込んだ以上、手出しはすまい。」 「いくぜ 3 2 1 0」ザッ

 Consecrus Arma
 You are attacking Granada!
 Lightning Strikeを繰り出した!

 戦いに出る直前、まだ困惑しているデュアン王がつぶやいたのを聞いた。「なぜ、国王が同じ土俵になって決闘せねばならんのだ・・・騎士ならまだしも・・・」 「まーそやわな (/ω\)」←プラティ

 ――それは俺が海賊で、他国の宮廷ご身分など、屁とも思わないからだ。 相手が国王でも、乞食でも同じこと。 口止めした冒険者を刺客としてよこす相手に、自ら乗り込んで わざと騎士の礼で答えたのだ・・・もちろん俺は騎士じゃないから、それを無視して囲んでタコ殴りされても、まあ文句は言えない。 だが、相手の誇り高さに付け込んで、1対1の勝負に持ち込む事には成功したようだった。

 Divinum Furis
 Jack Shandy: Granadaがあなたを振り落としました!
 Lightning Strikeの構え。
 Lightning Strikeを繰り出した!
 バンクボックスに xxxx ゴールドが振り込まれました。

 グラナーダの作戦にはミスがあり、俺は馬から落ちたが 早めに勝負はついた。 「ふん 腕ェ落ちたな」 「むむ・・」 「(・_・)」

 「じゃ、王様 なんなら1ヵ月後にでもくるぜ?w それまでに いい武器 腕鍛えて 首あらってまってろや! じゃな」 テクテク 「そんな約束の前に候の蘇生が先だ」 グラナーダに駆け寄るデュアン。 「プラチー商売していいぞー」 「海賊フゼーがえらそーに!」 元仲間の罵声はちょっと寂しい。 「じゃましたな!」

 デュアン王、
 海賊さえ、襲ってこなければ。 ・・・この国は、どうなっていただろう?
 全ての元凶とは言わないが、何かの口実にはなっていた。
 今ごろは蒼天の下で、おだやかな日々だったのかもしれない。
 そう、海賊たちさえいなければ。 

 その海賊の残党を、自らの手で殺す機会ができたのだ。

 俺なら躊躇いはしない。 準備は1ヶ月もある。
 倒してみろ、下っ端海賊を。 ワリと簡単だから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。